補助犬専用トイレのある施設紹介

 メニュー

盲導犬にキャリアチェンジ犬がご挨拶。ねえねえ一緒にあそぼー
東京都豊島区役所
東京芸術劇場
成田空港
秋田空港
富士山静岡空港
羽田空港
那覇空港
京王プラザホテル(新宿区)
沖縄県立博物館
福岡市 (三か所) 天神 長浜 荒戸
東京都世田谷区役所
札幌市豊平区役所
新潟市総合福祉会館

 より充実したデータベースにしてゆきたいですので、情報をお持ちの方は、全犬使会までご連絡ください。

東京都豊島区役所

東京芸術劇場

 @設置場所及び利用時間
 設置場所は、東京芸術劇場の職員通用口前 利用時間は、劇場開館日の9時〜22時の間。

 A利用方法
 利用の際は、最寄の劇場スタッフへお問い合わせください。スタッフさんが案内してくださいます。

成田空港

成田国際空港に、補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を伴ってご旅行されるお客様に、便利で快適に空港をご利用いただけるようにと「ほじょ犬トイレ」が設置されました。

【概要】

オープン日 : 2014年 10月 14日(火)

設置場所 : 第1旅客ターミナルビル 国際線28番出発バスゲート内
 第2旅客ターミナルビル 国際線70番出発バスゲート内

設備内容 : 汚物流し、ペットシート、リードフック、トイレットペーパー等

ご利用方法 : 補助犬専用です。ご利用の際は最寄の「ご案内カウンター」へお問い合わせください。スタッフが案内してくださいます。
 

成田国際空港株式会社様の案内文より
成田国際空港株式会社では、補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を伴ってご旅行されるお客様に、便利で快適に空港をご利用いただけるよう「ほじょ犬トイレ」を設置いたしますので、お知らせします。

「ほじょ犬トイレ」は、長時間のフライトを乗り継ぎ、お客様と共に旅をする補助犬も利用できるよう、第1、第2旅客ターミナルビルの国際線出国手続き後のエリアに、それぞれ1箇所ずつ設置いたします。

これにより、成田空港における補助犬の排泄の方法としては、従来通り空港職員の許可を得て屋外で実施する、自主的に多目的トイレを使用する、の他に空港職員に申出て補助犬トイレを使用する、の選択肢が増え、より利便性が向上しました。
尚、補助犬トイレは出国審査後の制限区域内にある為、一般の方の立ち入りはできません。

秋田空港

 秋田県の空の玄関口であります秋田空港に[補助犬専用トイレ]が完成し、平成24年5月18日(金曜日)午後から使用出来るようになりました。
 設置場所は、秋田空港国内線ターミナル到着ロビーより表に出て左側(東側)、リムジンバスやタクシー乗り場よりの所です。引き戸を開けて入られると、床にトレイが置いてあります。トイレの入り口近くには太く大きな柱がありますのでご注意ください。
 ご利用につきまして、申し込み等は必要ありません。空港職員に尋ねてくだされば、補助犬専用トイレまで案内してくださる手はずになっておりますので、気軽に秋田空港を利用して秋田にお越しくだされば嬉しく思います。

富士山静岡空港

 設置場所は、旅客ターミナルビル正面の第一駐車場身障者用駐車場近く(約15メートル)の歩道部(屋外)。(日本初の補助犬用トイレ)
 3,1m×1,7m ほどのサイズで傾斜を付けてコンクリートが打ってあり、後で流せるように水道も設置されています。

羽田空港

 設置場所は、ターミナル内1階・エントランスプラザ、外から向かって右側のA入口を入り、真っ直ぐに20メートルほど点字ブロックを進んだ辺りに案内所があります。
 利用する場合は、案内所でカギを開けてもらいます。そして、コンシェルジュが案内をし使用方法の説明だけでなく、犬の排泄後のフォローまで担当してくださいます。
 広さ約8平方メートルの空間には、洗面台や排泄物を処理するための汚物入れやシャワーが設備。部屋の奥には背もたれのないベンチのような台がありますが、これは車いす使用者の場合、犬が床に排泄すると手が届きにくく処理が難しいので、手が届きやすい台の上で排泄させるための台です。
 外の駐車場の片隅にも人工芝が敷いてある補助犬トイレがあり、水で流せるようになっています。
 羽田空港は、すべてのトイレに1〜2ヶ所の多機能トイレを併設してあります。最寄りの「案内カウンター」または、「コンシェルジュ」に問い合わせてください。介助サービスもしてくださいますし介助サービスの予約も可能です。また、各案内カウンターには、触知案内図および点字パンフレットの用意があります。

那覇空港

 設置場所は、那覇空港国内線旅客ターミナルビルの南側、ビルの出入り口に近にあります。
 高さ1mくらいのコンクリートの囲いがあって、内部は半分が排泄用の砂場で、あとの半分はコンクリートが敷き詰められています。スコップが備え付けられていて、使用後流したり、補助犬が水を飲めるように給水設備も併設されています。

京王プラザホテル

 設置場所は、南館ロビー外側にあります (業界初の補助犬用トイレ)。
 ホテルの出口から近く雨にも濡れず周りからも見え難くなっています。盲導犬や聴導犬は、床の人工芝のところで排泄、介助犬の場合、車いすのユーザーさんにも利用しやすいように、ペットシーツを敷いたり回収したり、排泄物を処理しやすいように、一段高い台が設けてあります。
 京王プラザホテルさんでは、全館で補助犬を受け入れておられ、宿泊の際はエサ用ボール、マットを無料でお貸し出してくださいます。ご利用の際はスタッフまで。また、音声案内システムなどを導入されています。

沖縄県立博物館

 設置場所は、県立博物館の駐車場横く(屋外)にあり、高さ1mくらいのコンクリート塀に囲われていて、引き戸の内部はコンクリート打ちで、奥に排泄用の砂場が有り、給水設備も併設されています。

福岡市 三か所

 福岡市中央区天神2丁目の歩道に設置、家根付の小屋のような作で雨に濡れることなく使えます。(歩道上の設置は全国初) 建物床面積は約6・5平方メートルで、犬がふんをした後、飼い主がボタンを押して水を流す仕組み。このトイレは、市民有志でつくる「盲導犬公共トイレ設置実行委員会」が募金活動で資金を集め、天神地区・渡辺通りのソラリアステージ前の市が管理する歩道上に建設。トイレ完成後は同市に寄付され、市が市有財産として維持管理している。
音声案内有り。トイレの扉の2・3メートル手前に来るとセンサーが反応するらしいです。 ではと思います。

 二か所目 中央区長浜1丁目の市立心身障がい福祉センター「あいあいセンター」に設置。

 三か所目 中央区荒戸3丁目の市民福祉プラザ地下に設置。トイレはモルタル床とタイル壁を施し、4畳半ほどの広さ。便器とシャワーが付いている。

世田谷区役所

 世田谷区役所本庁舎、第二庁舎と第三庁舎の間に設置。(都内初)
 開庁時間内であればいつでも利用可能。受付などで声を掛ければ誘導してくださいます。

札幌市豊平区役所

 豊平区役所駐車場横に設置。ハーネスを付けて座った盲導犬の等身大パネルがあり、トイレは砂利が敷かれいます。大きなカエデの木陰で夏は涼しそう。
 ここは、かって働いていた盲導犬のために設置されたトイレだそうです。

新潟市総合福祉会館